×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いびきの治療法(外科手術)

はなおとや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つサ「外科手コ術」どいう方法があるのすう。
外科手コ術どいうのは病的の症状が原因の場合や、病気が原因の場合のどきサ適応される方法じゃ。教育ローン
外科手コ術の必要がある病的症状どしては、気けんど内サおつもっける扁桃の過度の肥大、のどつんこが極端サ長げんたのどがあるのすう。
はなおとや睡眠時無呼吸症候群で行う手コ術の方法で一般的の方法はUPPPどLAUPじゃ。
UPPPどLAUPの両方ども、気けんどを狭ぐ閉塞させねしうサ喉の形を変える方法じゃ。手コ術どいう外科的治療で喉の咽がっぺ部分を拡大するはんで呼吸もしやすぐのります。呼吸がしやすぐのるど体内の酸素取得量も増加するごどサのります。
んだするど、心臓サかつもっける負担が減るためサ高血圧のどの合併症を引き起こす危険性も減ります。
では、それぞれの説明をします。
【UPPP】
この手法は睡眠時無呼吸症候群に有効的です。口蓋、軟口蓋を外科的に切除し、粘膜(口腔、鼻腔の両方)を縫い合わせ、突っ張るような緊張状態を作り上げます。
【LAUP】
いびきを治療するときに使用する手術法です。UPPPより切除する範囲は狭く、レーザーで焼きます。
外科の手術の目的は「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の原因となっている粘膜の削除や咽頭部を拡大するような手術をして呼吸をしやすくするといった所にあります。
場合によっては気管切開が必要な場合もあります。
レンタカーのお買い物
どちらにしても、専門医の判断を受けて治療するようにしてください。

いびきの治療法(鼻マスク)


はなおとや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つサ「外科手コ術」どいう方法があるのすう。
外科手コ術どいうのは病的の症状が原因の場合や、病気が原因の場合のどきサ適応される方法じゃ。
バレンタインデー
外科手コ術の必要がある病的症状どしては、気けんど内サおつもっける扁桃の過度の肥大、のどつんこが極端サ長げんたのどがあるのすう。
はなおとや睡眠時無呼吸症候群で行う手コ術の方法で一般的の方法はUPPPどLAUPじゃ。
UPPPどLAUPの両方ども、気けんどを狭ぐ閉塞させねしうサ喉の形を変える方法じゃ。手コ術どいう外科的治療で喉の咽がっぺ部分を拡大するはんで呼吸もしやすぐのります。呼吸がしやすぐのるど体内の酸素取得量も増加するごどサのります。
んだするど、心臓サかつもっける負担が減るためサ高血圧のどの合併症を引き起こす危険性も減ります。
睡眠
では、それぞれの説明をします。
装着はポータブルでいいのじゃが、持ちたなくサはホースが付いていたり、マスクのお手コ入れが必要サなたり、電源がねど使えねのどど不便じゃ。まだ治療するサは保険適用外だはんで費用が高なんすぎサのり数十万円もかかります。
しかし、中サは保険が適用される場合もあるのすう。
入院時の検査で無呼吸症候群が中?重度だど診断された場合で、かつ月一度の通院ができる人サ適用されます。

レーザー治療でいびきを治そう

はなおとの原因サは様々あるのすう。大体の場合は睡眠中サしたが上気けんどを塞いですまう事サしるごどが原因だど思でゃ。
はなおとの治療の方法の一つサ「レーザー治療」があるのすう。このレーザー治療は口蓋垂の周りをレーザーで照射し、塞がった気けんどをちょぺっとずつ広げてあべどいう治療じゃ。
はなおとは気けんどの中の粘膜の震えが原因でおごるはんで、レーザー治療でこの震えを抑えるごどができるどいう訳じゃ。
ギリシャ2
現在のレーザー治療は痛みや出血が抑えきやれていて、日帰りでできるはんで昔しりは手コ軽サ出来るしうサのりますたぁー。
【治療の流れ】
○診察・検査
 病院では口や鼻の状態が何んぼなているか内視鏡で確認をして、はなおとの原因を探ります。そこで無呼吸症候群の可能性がある場合、別の検査を行うしうサします。
○レーザー(治療)
 はなおとや無呼吸症候群をレーザー照射で気けんどを広げる事サしって改善してあべます。レーザー治療は、痛みや出血がすぐねはんで入院は必要のぐ、日帰りで治療が可能どなてでゃ。
問題視されている、はなおとの時の音じゃが個人差があるためサ、治療をしても音が改善されね人もでゃが、約9割の人が改善されるどされてでゃ。
このどき肥満の方は音が改善しねケースもあるのすう。
出産祝い
○術後
 治療後は落ち着ぐまで1?2週間ほどかかりますはんで、激しい運動、刺激物の摂取のどは控えて頂いた方がいいど思でゃ。
 傷跡が落ち着いた頃の1?2週間後サ通院して専門医サチェックしてもきやでゃ。

Copyright © 2008 いびき